柔道整復師の基本

接骨院で働くと残業ってどれくらいあるの?

柔道整復師Renです!

 

接骨院で働くときに気になる残業。

実は接骨院の残業は、あまり有名ではないものの確実にあります。ブラックな接骨院もたくさん見てきました。

 

普段は語られることは決してない、接骨院の残業の実態をこの記事ではまとめていきます。

接骨院に残業がある理由

接骨院の診療モデルって、

9:00~12:00 午前診療

12:00~15:00 昼休み

15:00~20:00 午後診療

というのが一般的。

 

このやり方にはとくに問題はなくて、町中の病院ですらこのような診療時間で経営しているのはよく見かけますから。

昼休みが長い分帰りが遅いのは仕方ないですし。

 

ただ、接骨院の場合は、診療時間が20:00でもそこから残業があるので、帰るのがさらに遅くなってしまうことが現実に多いです。

平均すると1~2時間ほどは残業のことが多いですね。ひどいと終電帰りなんて人も見たことは何回もあります…

 

接骨院の場合は残業がある時って2種類あって、

  1. 診療時間を過ぎても患者さんがいる
  2. 居残りで練習や勉強に付き合う

以上の2つのパターンで、残業することがほとんど。それぞれ解説します。

①診療時間を過ぎても患者さんがいる

診療時間を過ぎても患者さんが何人もいたら、そりゃ残業になってしまいますよ。

診療時間といっても受付時間として扱うことが多いので、いわゆる20時までに受付すればセーフなので、ギリギリに来院する患者さんも少なくありません。遅くまでやってることが売りならいいんですがね。

 

20時で終わりのはずなのに、待合室には10人待ってるなんてことがあると、帰るのはそこから2時間後ぐらいになります。

なので、22時に終わって帰って次の日は8時に出勤する生活になりますが、これ結構きついです。

 

しかし、このパターンでの残業は工夫次第では解決できます。

答えは、「予約制」にすること。予約制に関してはここでは詳しく言及しませんので、こちらの「接骨院を予約制にするメリットとデメリットをまとめます」をご覧ください。

②居残りで練習や勉強会に付き合う

患者さんがいなくなった後で居残りで練習や勉強会をするのも、接骨院で多いです。

 

居残りで練習会や勉強をしている自分に満足している人も多そうですし、早く帰ってゆっくりしたい人も多いはず。

それなりに時間もかかるので、1~2時間ぐらい残ることが平均。

 

そもそも、1日終わって疲れた後に練習とか勉強会するのって集中できませんし、無駄な会話で時間が過ぎることもあります。

だったら、昼休みにやるとか、夕方とかに早く終わらせてがっつり時間かけてやるように工夫してほしいところです。

個人経営が多いから問題にならない

残業するにしても、それがお金になるんだったらまだ許容できますが、現実に残業代を支払う接骨院って限りなく少ないです。

僕はこの問題が無視できない。

 

世間ではこれだけ残業についてはうるさくなっているのにかかわらず、そこまで問題になっていないのは接骨院の規模が小さいから。(もちろんその他の要素もあります)

 

でも、こちらの「【遅い時間まで消耗してない?】ブラック接骨院の特徴をまとめます」でも説明していますが、1日8時間以上働いたら残業代は支払わなければならない法律があります。

「接骨院は残業をするのが当たり前」という認識を持ってほしくないので、よく覚えておいてくださいね。

もし、残業ばかりの接骨院なら転職も視野に入れる

「残業が多いくせに、残業代もない…」

なんて不満がある柔道整復師の方は、転職を視野に入れておくといいでしょう。

 

残業するメリットがある場合はいいかもしれませんが、「遅くまで残って体力的にきつい」とか「早く帰って本当はゆっくりしたい」なんて願望があるならば転職する方が解決しやすいです。

転職するのが絶対に良い!とは思いませんが、労働環境に関しては「院長の考えが変わる」なんてことはあまり考えられないので、転職を真剣に検討してもいいでしょう。

 

転職サイトを使えば、残業が少ない条件で求人を探せます。

もし、残業について悩んでいるのであれば一度求人を見て今の接骨院との相違点を確認して、転職するかどうか決めるのがオススメです。

 

転職サイトは柔道整復師に特化している「ジョブノート」を利用しましょう。お祝い金などもあるのでお得です。

ジョブノートについて詳しくは別記事を参考にしてください↓

【業界NO.1の求人数】柔道整復師の転職サイトはJOBNOTE(ジョブノート)がおすすめ!柔道整復師Renです! 柔道整復師に転職を考えている人は、転職・求人サイトを利用することが王道です。柔道整復師という専門職...

 

\業界トップクラス!柔道整復師専門の転職サイトはこちら/

残業が少ない接骨院の求人を見てみる

まとめ:接骨院の残業問題は改善点だらけ

ここまで残業についてお伝えしてきましたが、接骨院では残業が当たり前となっている風潮は残念でなりません。

それが評価されればいいのですが、得してるのは院長だけ。今はいいかもしれませんが、将来的には絶対に変えていかなきゃならない、接骨院業界の悪い点です。

 

接骨院では残業平均は1~2時間。本当にブラックだと、帰るのが23時とか0時になる接骨院もあります。

辛いですがこれが現実。

 

もちろん、健全経営をしていて残業代をしっかり払ったり、そもそも残業が少ない接骨院もありますから、そういったところをどんどん真似していく人が増えていってほしいと願っています。

 

僕が働いている接骨院は特殊ではありますが、

  • 自費施術のみで残業なし
  • 完全予約制で、空いている時間は有効活用できる
  • 診療時間が20時までだけど、初診の人は19時以降の予約は取らない

なんて仕組みで働いています。

 

上記のような働き方も今は現実に増えてきているので、参考にしてください。

ABOUT ME
Ren
Ren
神奈川県相模原市で治療家しています。柔道整復師取得。 柔道整復師のために役立つこと、就活や転職などリアルな情報を発信しています。