接骨院

接骨院でiPadを買うならどんなスペックが必要?おすすめの機種を紹介します

柔道整復師Renです!

 

私は現在、iPadを接骨院でおこなう問診・施術に使用していまして、かなり活躍しております。

姿勢や体の写真を撮って書き込んで説明したり、筋肉のアプリを使用して視覚的に患者さんがわかりやすいように工夫したり、会計時にはクレジットカード決済端末として利用したりとかなり活躍中。

 

iPadがどんな風に接骨院で使えるのかは別記事で詳しく解説しているのでご覧ください。

接骨院でiPadを有効活用してサービスの質を上げよう!柔道整復師Renです! 私は整骨院でiPadを常に使っていますが、今ではiPadなしでは今での施術やサービスが成り立たない...

 

これからiPadを買うことを検討しているのであれば、「接骨院に必要なスペックとか機種ってどんなの?」という疑問があると思うので、私自身が使ってみての感想を踏まえておすすめのiPadをご紹介していきます。

 

実際に私が使用しているおすすめのiPadはこちら

接骨院でiPadを使うなら無印がおすすめ

接骨院で使うなら「無印のiPad」といって、2018年に発売されている文字通りのただのiPadがオススメ。(この記事ではiPadと呼ぶとややこしいので「無印のiPad」と呼びます)

 

実際に私が使っているのも「無印のiPad」なのですが、価格と機能のバランスがかなり取れています。

良い点をまとめると、

  • 1番安いモデルだと約40,000円で買える
  • ApplePencilと呼ばれる高機能のペンが使える(後ほど解説)
  • 2018年に発売されたばかりで機能面では文句なし
  • 接骨院やプライベートで使うのに丁度良いスペック
  • 9.7インチの画面が大きすぎないし、かといって小さくないから丁度良い

実際に私が使ってみての感想も踏まえると、上記が良い点としてあげられます。

 

iPadには「iPadPro」と呼ばれる最も高スペックのiPadの中がありますが、「iPadPro」は価格も高いですし、なにより接骨院で使いこなせるスペックではありません。

接骨院で使う機能は「無印のiPad」で十分ですし、日常でも使う分にも全く問題はないので、接骨院で使うには無印のiPadがコストパフォーマンス最強でしょう。

接骨院で使うiPadに必要な容量は?

接骨院で使う無印iPadに必要な容量は、128GBを選ぶことをオススメします。

無印iPadには32GBと128GBの選択肢がありますが、32GBだとこれから何年も使うにあたって少し不安。

 

金額としては、

  • 32GB…\37,800(税別)
  • 128GB…\48,800(税別)

というラインナップになっております。1万円の差額で約90GBも増えるならば間違いなく128GBを選ぶべき。

 

iPadは1年しか使わないなら32GBでも十分でしょうが、これから数年はもちろん5年は使い続けることができます。

短く見積もって128GBを3年使い続けるとしても、1ヵ月あたり1,355円でiPadが導入できるので、そう考えるとかなり安いかなと。

 

ちなみに、Wi-FiモデルとSIMカードが挿せるモデルの2つがありますが、接骨院で使う場合はWi-Fiモデルで大丈夫。

ほとんどの接骨院はインターネットを使えてWi-Fiも繋がると思いますし、金額もWi-Fiモデルが安いですから。

※インターネット使えないということであれば携帯電話のテザリング機能を使うか、SIMカードが挿せるモデルを購入してください

ApplePencilが使えるのは大きなメリット

ApplePencil(アップルペンシル)」と呼ばれるiPad専用のタッチペンがあって、これがかなりの高機能の代物で、もちろん私も愛用中。

 

元々、ApplePencilはiPadPro以外は使えなかったんですが、「無印のiPad」では使えるようになっています。現状はiPadProと2018年発売の無印iPadしかApplePencilは使えません。

ApplePencilが使えるから無印iPadを購入した、という人が多いように、ApplePencilはかなり使いやすいのでオススメ。

 

ペンで紙に書いてるような使い心地なので、私は普段の施術はもちろん、セミナーなどの勉強会でもiPadとApplePencilで使っています。

今の技術はほんとすごいですよ…

 

絶対に必要なものではありませんが、無印iPadではApplePencilが使えるから人気があるといっても過言ではないので、ぜひ一緒に用意して快適なiPad生活を過ごしてください。

紙とペンの時代はもうすぐ終わるかも?ってぐらい、書き心地最高ですから。

まとめ:iPadを使えば接骨院でのサービスの質が向上する

接骨院でおすすめのiPadは、

  • 機種…無印iPad(2018年発売)
  • 容量…128GB
  • モデル…Wi-Fiモデル
  • オプション…ApplePencilがおすすめ

 

私は施術をする時にビフォーアフターの写真を撮るんですが、それもiPadでとりますし、説明する時なんかもその写真に書き込んだり、又はアプリを使って今の状態を視覚的にとらえてもらいます。

結果的にそれが患者さんが納得してくれますし、そこから結果残せばリピート率は上がります。リピート率が上がれば当然売上も上がります。

 

iPadを使えば誰でもリピート率が上がるわけではありませんが、確実に今のサービスの底上げにはなるでしょう。

患者さんからも「写真をとって説明してくれたからわかりやすい」との声をよく頂きますから、確実にiPadは私の施術には欠かせない存在ですね。

 

iPadの使用用途については別記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

接骨院でiPadを有効活用してサービスの質を上げよう!柔道整復師Renです! 私は整骨院でiPadを常に使っていますが、今ではiPadなしでは今での施術やサービスが成り立たない...

 

それにiPadはプライベートでも持ち運べるので、セミナーに持っていけばメモ用紙代わりになって無駄な紙を持ち歩かなくてすみますし、もちろん、家で写真撮ったり動画だって見れます。

 

iPadは決して何千円と安いものではありません。

しかし、その高い金額を払って買ったiPad代は回収していると私は感じるぐらい、仕事でもプライベートでも活躍しております。接骨院のサービスの質を上げるならば安い投資かと。

 

ぜひ、あなたの接骨院でも、あなた自身の施術でもiPadを取り入れてより良いサービスを提供してください。

 

ApplePencilを用意するならこちらの商品もおすすめ↓